葬儀のご縁

さまざまな面で、新型コロナウイルスによる影響が依然として続いています。

従来のように法要・仏事を執り行なうことが難しい日々でもあります。その中、ご門徒の葬儀をおつとめするご縁が続きました。現在の状況もあり、いずれもご家族のみで営まれました。

深い悲しみではありますが、皆さま経本を手にご一緒におつとめいただきました。会館での通夜葬儀を終え、還骨勤行(初七日)はご自宅に戻られて、長年にわたり手をあわせて来られたご仏前にておつとめするご縁もありました。

ご遺徳を偲びつつ尊く有り難い時間でした。これもひとえに、故人のこれまでの長きご縁のおかげと感謝しております。

平素からの仏縁の大切さを知る、通夜葬儀でもありました。