歴史

 
◆1461(寛正2)年
大津・本堅田の本福寺第3代住職である法住は、布教伝道の拠点として各地に本福寺の支坊(支院)を建立した。その支坊のひとつである「外戸(せと)道場」として、大津・大門通に建立される。
◆1468(応仁2)年
堅田に攻め入ってきた衆徒から親鸞聖人の御像をお守りするため、堅田から当寺へ御像をお移ししてお守りする。(翌年、大津・近松御坊へ御動座)
◆1605(慶長10)年
外戸道場が手狭になったため、現在地である大津市長等3丁目(旧・東今颪町)に移転する。
◆1648(慶安元)年
大津街中の整備にともない、堅田本福寺が大津本福寺の興隆を図る。本堂などの整備を経て、道場から本格的な寺院となる。
◆1685(貞享2)年
第11代住職である明式は、松尾芭蕉の門下に入り、千那と号した。たびたび、句会を開き芭蕉を招いたとされ、それにともない「芭蕉寺」と号した。
◆1871(明治4)年
時の情勢や大津在住門徒の要請もあり、堅田本福寺より独立した寺院となる。堅田本福寺と山号・寺号ともに同じく「夕陽山 本福寺」として、初代住職を京都伏見・西教寺より迎える。
現住職は、堅田本福寺より第19代目、明治4年に西教寺より迎えてからは第3代目となる。
浄土真宗本願寺派 滋賀教区 大津組 所属
 

本福寺[滋賀県大津市本堅田]