お子さまの成長を願って

今月に入り、神社の前を通りかかると「七五三参り」の看板やのぼりを多く目にするようになりました。

お子さまが成長され節目を迎えると、大半の方は神社にお参りされていることと思います。その中、この度ご門徒より七五三のご縁を仏前にてお迎えしたいとのお申し出があり、本日本堂にてご家族6名ご参拝のもとおつとめしました。

これまで当寺ではほとんど経験のないことでしたが、とても有り難い申し出であり、今日までのお子さまの成長をご仏前にて感謝し奉告する仏縁としておつとめしました。

七五三のご縁を迎えられたのを受けて、私たち真宗の教えではこのご縁をどのようにお迎えしていくのかをお伝えしながら、あらためて尊いいのちの成長に感謝いたしました。同時にご家族にとっては、親として祖父母としての喜びと感謝の思いを新たにしていただく時間でもあったでしょう。

ご参拝のお子さまは数年前の「初参式」以来、ご自宅や当寺にてご家族・ご兄弟とご一緒にお参りを重ねてもらっています。今では私たち家族ともすっかり仲良くなり、いつも笑顔で色々と楽しませてくれます。

幼いお子さまがこれからも健やかに、そして何より「ほとけの子」として歩んでいただくことを願いつつ、微笑ましく和やかな仏縁をお迎えすることが出来ました。